ほぼ六行日記


by shuronoki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

おでかけ福岡

夏休みー。前から気になってた、北九州のスペースワールドに行ってきました! 
日帰りしようか迷いましたが、前日から福岡入りして、博多のロボスクエアと小倉の漫画ミュージアムにもGO。

ロボスクエアはAIBOや癒し系のあざらしロボなど、入場無料でなかなか楽しめました。
ただ、ヤフオクドームで野球の試合があったため、周辺道路は大渋滞……。県民のホークス愛を感じましたが、アクセスがバスしかないもので、行き帰りでドッと疲れました。(^^;) 

博多駅は広くてとっても綺麗なんだけど、バスターミナルが昭和を思わせる狭さ&暗さ。
乗り場はわかりにくいし、係員のおっちゃんも手際悪く、観光客にはあまり親切な作りじゃないなあーと思いました。日本人でもオロオロするのに、外国からのお客さんだとちゃんと目的地に行けるんだろうか。

東京タワーやスカイツリーはすごい行列だと思いますが、福岡タワーに昇る人はビックリするくらい少なかったです。ゆるキャラ(?)のフータくんも初めて知ったぞ! 名刺配ってたんで、思わずもらいました。使い道ゼロ。

夕方には小倉に着いて、まずはホテルで一服だー。
ネットでお安く予約したところだったけど、予想外に高級感あふれる作りでビビりました。
最初そこが目的地のホテルだとわからなくて、近くのコンビニで「○○ホテルってどこですか?」と尋ねたら、目の前ですと言われ……。(^^;) でもま、非常に快適に過ごせました!

漫画ミュージアム、その他についてはまた後日。
[PR]
# by shuronoki | 2013-08-09 09:02

お菓子の世界

下の子がピアノを習い始めて一年経過。
最初のころは「行かないー」なんてグズグズでしたが、先生との相性が良かったのか、今では毎日喜んで弾いてます。やっぱ継続は力なりですね。

こないだ買ったピアノ曲集、湯山昭さんの「お菓子の世界」、これめっちゃ楽しいな!
「バウムクーヘン」「ヌガー」「ポップ・コーン」等、すべての曲がお菓子のイメージで作られており、聴いていてすごくワクワクする。ツボなのは和菓子も仲間入りしているところ。「柿の種」「鬼あられ」のチョイスが絶妙すぎてしびれます。和の雰囲気がカッコいいし。

間奏曲「むしば」「どうしてふとるのかしら」「くいしんぼう」も最高に可愛いよー。
いつか娘がこの中の曲を弾いてくれたら嬉しいです。
[PR]
# by shuronoki | 2013-07-01 15:40

スチ子さん

あの強烈なビジュアルが頭を離れてくれません。
大阪の放送から約半年遅れのよしもと新喜劇。うまい具合に上の子もハマってくれたので、録画して親子で嬉々として観ております。

最近のお気に入りはすっちーが演じるおばちゃん、スチ子さん! もう最高です!! 
あの見た目、迫力、しゃべくりと、華というか勢いのある人ですね。すっちーは男役よりもおばちゃん役が断然似合うっ。おかっぱ頭をかき上げる仕草が好きだ。(笑) ぜひ生の舞台で観てみたいなー。次、帰省するときにチケット取って行こうかと密かに思ってます。
[PR]
# by shuronoki | 2013-06-26 14:34

ネガポ辞典

気になってた本をようやくチェックできました。
ネガティブな言葉をポジティブに変換できるという辞典。個人的にツボったのは↓あたり。

【悪趣味】①自分の世界を持っている②個性がある③ファンタジー
【キモい】①存在感がある②個性がある③ミステリアス
【計画性がない】①行動力がある②土壇場に強い③常に背水の陣

最初のほうのページは文字が大きく読みやすい。
用例付きだし、著者の自信作を集めたのだと思います。ただ、肝心の五十音順の辞典が、字が小さくてやたら読みにくいよーっ。全ページ同じ編集スタイルで貫いてほしかったです。ネタ的に読んで「アハハ」と笑うための本だからこんなもんなのかな。強引な変換もあったけど、言い換えって面白いですね。
[PR]
# by shuronoki | 2013-05-19 04:19

スライムづくり

上の子が通う小学校は、年度初めに使う一冊目のノートを用意してくれるのでとーっても助かる! で、もらった理科のノートのおまけのページに「スライムの作り方」が載ってたらしいのです。実験大好きな娘は即反応し、必要物と作り方の手順を必死で暗記して帰ってきました。(理科ノートは学校保管のため) 

おいおい、その情熱は一体どっから来るんだよ……。
私はそういうメンドそうなのは嫌いな児童だったので、余計わからんなあ。

仕方なくホウ砂と洗濯のり、食紅を用意してやると、嬉々として実験開始。
おお、しかし驚くほど簡単にスライムが出来あがりました。食紅で色付けすると、鮮やかで楽しさ倍増。プルプルの触感もクセになります。調子に乗った子どもは、狂ったように作りまくりました。

e0104916_027278.jpg


近所の女の子にドヤ顔で見せたところ、「ふーん」というクールなリアクション。
うちのと同じタイプだったら、テンション上がりまくって大変だったかもしれません。(笑)
[PR]
# by shuronoki | 2013-05-05 00:46